180510.ばね椅子

自主イベント無事終わりました。期間中ラジオにも二度出させていただきました。色んな人に知ってもらえる良い機会となりました。

 

イベントと平行して古いバネ椅子を修理しました。

いま自分にしかできない事をやろうというのが根源にはあります。

バネ椅子特有の浮遊感のある座り心地はなかなか言葉にできませんが

それを知っている人もいないし、直す人はもっといない。

 

宮大工は最初に木を植えると聞きますが

椅子屋として、まず知ってもらおうと思ってイベントを開きました。

若い学生さんが椅子を買ってくれてとても嬉しかったです。

椅子屋が椅子だけ作ってていいとは思いませんし

ダブルワーク、トリプルワークが当たり前の時代になるでしょう。

 

引き出しは多い方がいいなとは思いつつ、職人としてはひたすら手間のかかる作業をコツコツこなす他ありません。

プライドを持って戦っている人たちの言葉はとても胸に響きます。

そういう人たちの背中を追って行けたらいいなと思います。

 

ISUKA 加藤